記事一覧
バルサルタン(ディオバン錠)は安価な高血圧薬 2019年11月29日

一般名称でバルサルタン、製品の名称ではディオバンという薬は、スイスのノバルティスファーマ株式会社が販売しているARBと呼ばれているアンジオテ...

食事の影響がほぼ無し!「オルメテック」について 2019年11月04日

オルメテックは血圧を下げる薬で、高血圧症の治療によく使用されています。優れた降圧作用が期待できることから使用は1日1回で良く、24時間血圧を...

心臓の活動を和らげるのが特徴の「メインテート」 2019年10月05日

メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の作用によって、拍動を促す神経伝達物質が心臓のβ受容体と結合して働く前に、ブロックして心拍数上...

副作用が少ない高血圧薬といえば「アダラート」 2019年09月05日

高血圧症治療薬アダラートは有効成分ニフェジピンの働きで、血管を収縮させるカルシウムイオンが流入口から血管壁に入るのをブロックして血管を拡張して降圧作用をもたらします。アダラートはカルシウム拮抗薬と呼ばれるグループの降圧剤で、血管に直接働きかけて血圧を下げるため他の臓器などに影響しにくいことから副作用...

24時間効く高血圧治療薬といえば「ミカルディス」 2019年09月02日

ミカルディスは有効成分テルミサルタンの働きで、体内のRAA系という血圧上昇の仕組みを途中でブロックすることで降圧効果をもたらす高血圧治療薬です。ミカルディスと同様の作用で効き目をあらわす薬はARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬という降圧剤のグループで高血圧治療薬の中では比較的新しく、それ以前か...

代表的な高血圧治療薬「ノルバスク」 2019年08月31日

ノルバスクは、ファイザーから販売されている世界的に知られる高血圧の治療薬で、一般名称はアムロジピンベシル酸塩です。このアムロジピンはカルシウム拮抗剤とよばれる種類の治療薬であり、作用としては細胞内に流れるカルシウムを減少させることによって冠血管や末梢血管を弛緩させることで血圧を下げます。その結果、狭...

高血圧に糖尿病が合併による血管障害のリスク 2019年08月29日

高血圧症と糖尿病は日本人において国民病とでも呼ぶべき患者の多い疾患となりました。どちらも生活習慣病と言われ、不健康な生活習慣が背景となって生じる疾患です。しかし、それぞれ独立した因子によって生じるものではなく、糖尿病が高血圧症の起因となる可能性があることはご存知でしょうか。糖尿病とはインスリン、とい...