• ホーム
  • 食事の影響がほぼ無し!「オルメテック」について

食事の影響がほぼ無し!「オルメテック」について

オルメテックは血圧を下げる薬で、高血圧症の治療によく使用されています。
優れた降圧作用が期待できることから使用は1日1回で良く、24時間血圧をコントロールすることが可能です。
降圧剤の中にはグレープフルーツとの食べ合わせに注意が必要な薬もあるのですが、オルメテックは食事の影響をほぼ受けないので問題ありません。
グレープフルーツとの食べ合わせも大丈夫なオルメテックは、アンジオテンシンIIの働きを邪魔することで血管の収縮を抑えて血圧を下げる効果が期待できます。

オルメテック錠は成分名をオルメサルタンと言い、アンジオテンシンII受容体拮抗薬に分類される高血圧治療薬です。
簡単に言うと血圧を下げる薬で、高血圧症の人は通常よりも血圧が高い状態にあります。
血圧が高い状態が続くと血管に負担がかかって血管が硬くなりますが、その症状は動脈硬化と呼ばれていて脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの引き金になります。
これらの病を予防するには、血圧を適切にコントロールする必要があり、症状を改善することが大事です。

血圧を上げる物質の1つにアンジオテンシンIIがあり、この物質がAT₁受容体に作用することで血圧が上昇します。
要するにアンジオテンシンIIがAT₁受容体に作用しないようにしてやれば血圧の上昇を防ぐことができるわけで、その役割を果たすのがオルメテックです。
成分名がオルメサルタンのオルメテック錠は、アンジオテンシンIIがAT₁受容体に結合するのを阻害することで血圧を下げることができます。

食事の影響がほぼないオルメテックですが、副作用としてそう痒や発疹、貧血やめまい、立ちくらみや頭痛、下痢、全身倦怠感などの症状が出ることがあります。
血管浮腫や腎不全、高カリウム血症や意識消失、肝機能障害、アナフィラキシーなどの重大な副作用が出る恐れもありますが極めて稀です。
基本的に副作用が少ない特徴があり、オルメテック錠を始めとするARBは重篤な副作用はほとんどなく、投与量を上げたとしても副作用は増加しにくいとされています。
ARBは安全性の高い薬なので、適正に使用していれば重篤な副作用に出会うことはありません。

食前・食後、いつでも服用しやすいのが特徴

同じアンジオテンシンII受容体拮抗薬でも他のARB錠は食事による影響を受けやすいのですが、オルメテック錠は食事による影響をほとんど受けません。
そのため食前や食後のいずれでも服用しやすく便利な薬と言えます。
効果についても優れていて、1週間程度で降圧作用が現れ始め、2週間以内に有意な降圧作用を示します。
相互作用が少ないのが魅力で、ARBの中では最も脂溶性が低く、CYPによる代謝をほとんど受けません。
ただし高い場所での作業や危険を伴う機械の操作をする人は服用を控える必要があり、手術の予定がある人や妊娠中もしくは妊娠の可能性がある人は主治医に相談することが重要です。

半減期が長いのもオルメテックの特徴で、血中濃度が半分になる時間は約20時間と長いので、1日1回の服用で安定した血圧のコントロールを図ることが可能です。
通常、成人には10mgから20mgを1日1回経口投与しますが1日最大投与量は40mgまでで、1日5mgから10mgの状態で投与を始めて年齢や症状で適宜増減を図ります。
服用時間は食前でも食後でもどちらでも問題なく、通常2週間程度で効果が現れ始め、しっかりとした効果を判定するには約1カ月程度を考慮します。
オルメテックは食前や食後いつでも服用しやすいのが特徴なので、血圧をしっかり下げたい人で臓器保護も必要な人にオススメです。

降圧作用が強いオルメテックはARBでは最強クラスの力があり、心臓や腎臓などの臓器保護作用があります。
具体的には心臓や腎臓、脳に対して臓器が傷付くのを防ぐことが可能です。
強力な降圧作用それ自体が心保護や腎保護作用になります。
オルメテックの最大の売りはARBで最強クラスの強力な降圧効果なので、高血圧症で悩んでいる人は服用する価値があるでしょう。

関連記事
心臓の活動を和らげるのが特徴の「メインテート」 2019年10月05日

メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の作用によって、拍動を促す神経伝達物質が心臓のβ受容体と結合して働く前に、ブロックして心拍数上昇を抑制し降圧効果をもたらします。β受容体を遮断するため、メインテートのような降圧剤グループはβ遮断薬と呼ばれ、ベータブロッカーという名称でも知られています。心...

副作用が少ない高血圧薬といえば「アダラート」 2019年09月05日

高血圧症治療薬アダラートは有効成分ニフェジピンの働きで、血管を収縮させるカルシウムイオンが流入口から血管壁に入るのをブロックして血管を拡張して降圧作用をもたらします。アダラートはカルシウム拮抗薬と呼ばれるグループの降圧剤で、血管に直接働きかけて血圧を下げるため他の臓器などに影響しにくいことから副作用...

24時間効く高血圧治療薬といえば「ミカルディス」 2019年09月02日

ミカルディスは有効成分テルミサルタンの働きで、体内のRAA系という血圧上昇の仕組みを途中でブロックすることで降圧効果をもたらす高血圧治療薬です。ミカルディスと同様の作用で効き目をあらわす薬はARBことアンジオテンシンII受容体拮抗薬という降圧剤のグループで高血圧治療薬の中では比較的新しく、それ以前か...

代表的な高血圧治療薬「ノルバスク」 2019年08月31日

ノルバスクは、ファイザーから販売されている世界的に知られる高血圧の治療薬で、一般名称はアムロジピンベシル酸塩です。このアムロジピンはカルシウム拮抗剤とよばれる種類の治療薬であり、作用としては細胞内に流れるカルシウムを減少させることによって冠血管や末梢血管を弛緩させることで血圧を下げます。その結果、狭...

高血圧に糖尿病が合併による血管障害のリスク 2019年08月29日

高血圧症と糖尿病は日本人において国民病とでも呼ぶべき患者の多い疾患となりました。どちらも生活習慣病と言われ、不健康な生活習慣が背景となって生じる疾患です。しかし、それぞれ独立した因子によって生じるものではなく、糖尿病が高血圧症の起因となる可能性があることはご存知でしょうか。糖尿病とはインスリン、とい...