• ホーム
  • 高血圧症と頻尿の関係性について

高血圧症と頻尿の関係性について

年齢を重ねると高血圧や頻尿で悩まされる人も多いですが、一見無関係に見えるこの2つの症状が、実は密接に影響し合っていることは知られていません。
どちらかの症状を改善させるためには、もう一方の症状も治療する必要があります。
なぜ2つの症状に関わりがあるのかを知り、治療に役立てていきましょう。

私たちの身体では日々老廃物や余分な水分が尿として排出されていますが、尿を作っているのは腎臓です。
腎臓の機能が低下すると、塩分や水分の排出がうまくいかなくなり、余った水分は血液中に留まるため相対的な血液量が増加します。
一般的に血液の量が増えると血管内を流れる量や勢いが増えるのですが、これが高血圧の直接的な原因です。

高血圧が続くと動脈硬化になりやすいのですが、動脈硬化になると今度は血管の内部が狭くなります。
そのままの状態が長く続くと、腎臓に十分な量の血液や酸素が行き届かず、常に疲れた状態で働かせることになります。
これにより、日中に十分に尿が作られず、夜間も頑張って尿を作ろうと働き続けてしまうため腎臓にかかる負担が大きくなり、余計に機能が悪化するという悪循環に陥るため注意が必要です。
尿を作る機能に問題が生じ、本来なら尿をあまり作らないはずの夜間にまでトイレに行きたくなります。

このように、高血圧とセットで起きる場合は、日中よりも夜間頻尿の方が可能性は高いです。
腎臓は夜の間に特殊なホルモンを分泌し、血液中にある塩分を排尿するため尿をたくさん作ろうとします。
このため特に夜間にトイレに行く回数が増え、寝不足を招いてますます健康を悪化させるので楽観視できません。
高血圧になったことが原因で夜間頻尿になるし、腎臓の機能が落ちたことで排尿がうまく行えず、余った水分が血液中に留まって高血圧になることもあります。
つまり、高血圧と頻尿は表裏一体の症状だと言えるので同時に治療することが欠かせません。

治療を行う場合、まずは利尿薬が試されることが多いです。
頻尿なのにわざわざ利尿剤を試すのかと不思議に感じるところですが、これには理にかなった理由があります。

頻尿なのに利尿薬が有効なのは何故?

利尿薬は名前の通り尿の排出を促す薬ですが、実は頻尿の治療にも高い効果を発揮します。

一見すると逆効果というか無意味な行為に見えますが、これにはきちんと理由があります。

利尿薬は、腎臓に働きかけて尿を作る量を多くさせる効果を持つ薬です。

これにより、血管内に留まっていた余分な水分や塩分の排出を促し、血液量を減少させることができます。

血管を流れる血液量が減少すれば血管にかかる負担も減るため、高血圧が解消されます。

夜間頻尿の主な原因は、腎臓の働きが低下して塩分を正しく排出できないことです。

血液中の塩分濃度が高いと、腎臓は夜の間に血圧を上げて塩分と水分を膀胱に絞り出し、排出しようとします。

このため夜間ほど頻尿になる可能性が高く、尿量も多くなりがちです。

また、血管内に水分や塩分が多いと心臓にも負担がかかるため、心臓も一緒になって膀胱に尿をためる作用を持つホルモンを分泌させます。

これらの相乗効果により、日中や夜間の頻尿が酷くなるケースがほとんどです。

ここで利尿薬を服用すると、余分な水分や塩分を積極的に体外へ排出することができるため、腎臓などにかかる負担が軽減されて症状が改善します。

高血圧の人が頻尿の治療で利尿薬を使う場合、一気に大量に排出するタイプではなく、少しずつ持続的に排出させるタイプの利尿薬が用いられます。

しかも服用する量はごくわずかなので、トイレの回数が劇的に増えることもありません。

毎日服用を続けることで、少しずつ血液中の塩分濃度を下げ、それに伴って水分量も減少するため尿量が落ち着いていきます。

すると血液量も減っていくので血管にかかる圧力も解消され、高血圧も落ち着いていくという仕組みです。

関連記事
高血圧の症状に漢方は効果的? 2020年02月11日

毎年の健康診断などで血圧の高さが指摘され、自分のかかりつけなどの、医療機関へ行くことを勧められることがあります。普段血圧が高いことなど気にしなかった人にとっては、意外な結果となることがあります。血圧は一日の間でも、安定して一定に収まっているものではなく常に変わっているので、何らかの原因で一時的に高か...

バルサルタン(ディオバン錠)は安価な高血圧薬 2019年11月29日

一般名称でバルサルタン、製品の名称ではディオバンという薬は、スイスのノバルティスファーマ株式会社が販売しているARBと呼ばれているアンジオテンシン2受容体拮抗薬のことです。ディオバンは比較的新しいタイプの降圧薬で、現在ではカルシウム拮抗薬に次いで広く使われています。アンジオテンシン2は、アンジオテン...

食事の影響がほぼ無し!「オルメテック」について 2019年11月04日

オルメテックは血圧を下げる薬で、高血圧症の治療によく使用されています。優れた降圧作用が期待できることから使用は1日1回で良く、24時間血圧をコントロールすることが可能です。降圧剤の中にはグレープフルーツとの食べ合わせに注意が必要な薬もあるのですが、オルメテックは食事の影響をほぼ受けないので問題ありま...

心臓の活動を和らげるのが特徴の「メインテート」 2019年10月05日

メインテートは有効成分ビソプロロールフマル酸塩の作用によって、拍動を促す神経伝達物質が心臓のβ受容体と結合して働く前に、ブロックして心拍数上昇を抑制し降圧効果をもたらします。β受容体を遮断するため、メインテートのような降圧剤グループはβ遮断薬と呼ばれ、ベータブロッカーという名称でも知られています。心...

副作用が少ない高血圧薬といえば「アダラート」 2019年09月05日

高血圧症治療薬アダラートは有効成分ニフェジピンの働きで、血管を収縮させるカルシウムイオンが流入口から血管壁に入るのをブロックして血管を拡張して降圧作用をもたらします。アダラートはカルシウム拮抗薬と呼ばれるグループの降圧剤で、血管に直接働きかけて血圧を下げるため他の臓器などに影響しにくいことから副作用...